胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

上部消化管内視鏡検査とは、口または鼻から、直接カメラ(内視鏡と言います)を挿入し、食道・胃・十二指腸の病変を直接観察する検査です。また、病気の部位より組織を一部採取して検査することが可能で(生検といいます)、より精度の高い診断をすることができます。

当クリニックでは、鼻から胃カメラを入れる、経鼻内視鏡を用いた検査を行っています。口から胃カメラを入れると、舌の付け根に胃カメラが触れるため「オエッ」となりますが、鼻から入れるとそれがないので、つらさはかなり軽減されます。検査中は、ご自分の胃の中をモニターで見たり、会話もできますので、安心して検査を受けていただくことができます。苦痛が少ないため、鎮静剤の必要もなく、検査後にお車を運転して帰ることも可能です。また、従来通りの口から入れるタイプの内視鏡も準備しておりますが、こちらはより精細な胃粘膜の観察が可能であり、胃がんリスクの高い方にはおすすめします。こちらでも十分にのどの麻酔を行いますので、ほとんどの方で鎮痛剤の必要はありません。ご希望があれば、静脈麻酔で寝ているうちに検査を終える方法もあります。

上部消化管内視鏡検査の流れ

検査前日

なるべく消化の良い食べ物を食べてください。
夜9時以降は、固形物の摂取を控えてください。水分は大丈夫です。

検査当日

朝から絶食になります。脱水予防のため水分(水・スポーツドリンク・お茶などの清澄水)は来院するまでは、多めに飲んでください。高血圧・心臓病・精神科の薬はいつも通りに内服してください。糖尿病の薬は検査終了後、食事を取るまでは服用しないでください。ご不明な点があれば、遠慮なくクリニックにご連絡ください。

受付・問診後

鼻と喉の麻酔をします。鎮静剤を希望される方には点滴をします。
検査開始となります。(検査時間は約15分程度です)
病変が発見された場合にはその場で組織を採取して検査を行うことがあります。内視鏡医の判断によっては他医療機関にご紹介をいたします。鎮静剤を使用されない方は、検査後すぐに結果を説明します。検査終了後は喉の麻酔のため、食事を飲み込みにくくなっていますので、麻酔がきれるまでは、食事を取ることができませんので、指示に従ってください。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

肛門から内視鏡を挿入し、直腸〜結腸まで大腸全体を直接観察、処置することができます。大腸カメラを行うことで、大腸癌の早期発見につながります。検査のためには、大腸の中を完全にきれいにする必要がありますので、前日より準備をしていただきます。また、鎮静剤を使用するため、車を運転してお帰りいただくことはできませんのでご了承ください。

大腸内視鏡検査の流れ

検査前日

検査食を食べていただき、夜に検査用下剤を飲んで、ある程度排便をしておきます。
水分(水・スポーツドリンク・お茶)を1L以上飲んでください。
朝食:なるべく消化の良いものを食べてください。
昼食:検査食を食べていただきます。
夕食:検査食を夜7時頃までに摂取。
午後7:30:検査用下剤の内服(その後何度か排便があります。4時間ほど続くので、心配な方は早めに飲むことをお勧めします。)

検査当日

朝から絶食になります。来院までに水分(水・スポーツドリンク・お茶など)を500ml程度飲んでください。飴を舐めるのは構いません。
高血圧・心臓病・精神科の薬はいつも通りに内服してください。糖尿病の薬は検査終了後、食事を取るまでは服用しないでください。ご不明な点があれば、クリニックにご相談ください。

受付・問診後

控え室にて洗腸剤を飲み始めます。何回もお手洗いに行っていただき、腸の中をきれいにします

午後から

検査開始となります。(検査時間は約30分程度です)洗腸の状態により、検査開始時間・順番が前後することがあります。検査終了後十分に休んでいただいてから結果をご説明します。

注意事項

検査当日は1日がかりとなります。
処置をする場合がありますので、その際には、処置後自宅での安静が必要となりますので、検査後に仕事や予定を入れないでください。
検査の苦痛を軽減するために鎮痛剤を使用します。終日、車・バイク・自転車の運転はできなくなります。ご自身の運転での帰宅はお控えください。

病変が発見された場合にはその場で組織を採取して検査を行うことがあります。後日、内視鏡医の判断によっては他医療機関にご紹介をいたします。