肝臓・胆のう・膵臓疾患

当クリニックでは、胃・大腸疾患だけではなく肝臓・膵臓病にも専門性の高い診療を提供します。肝臓、膵臓、胆嚢(胆道)(略して肝胆膵といいます)の病気は診断も治療も大変難しい領域です。院長は肝胆膵疾患治療の経験が豊富であり、肝臓癌、膵癌、胆嚢癌など腹部超音波検査機械、CTを使い精査します。

肝臓について

肝臓の働きは、体に必要な蛋白質やエネルギーを作ることです。毒物や体内に蓄積した老廃物を代謝解毒すること、胆汁を産生することなど様々な仕事をしています。肝臓はこのように様々な物質の生産や加工を行いさらに最終処分も行うシステムも併せ持った臓器であることから、カラダの中の優秀な化学工場などとよばれます。もしこれと同じ機能を持ったプラントを建設しようとすれば、最低でも東京ドーム1個分程度の広さが必要といわれるくらいに大変優秀な臓器なのです。また、沈黙の臓器とも呼ばれ呼ばれ、限界まで症状が出ることは少ないです。しかし、肝臓が働かなくなると人間は死んでしまいます。とても重要な臓器です。肝臓の病気の中で主なものを下にあげます。

肝機能障害

肝機能が悪いと検診で言われたことはありませんか?肝細胞や肝臓の中の胆管の細胞が壊れると血液の中にGOT(AST),GPT(ALT)、γGTPと呼ばれる酵素が流入し、高値になります。急性や慢性肝炎、アルコールの飲みすぎ、脂肪肝、薬の副作用などでこれらの酵素が上昇します。放置しておくてお、急性肝炎から肝不全または非可逆的な肝硬変へと進展していくこともありますので、定期的な検査と適切な治療が必要になります。

慢性肝炎

慢性肝炎のほとんどはウイルスによるもので日本では200万人以上の患者さんがいます。慢性肝炎から肝硬変や肝癌が発生することが知られています。慢性肝炎の方は定期的なチェックが必要です。ご自分がB型、C型肝炎にかかっているかどうか知っておくことが重要です。現在では、肝炎ウイルスにを駆除したり、その増殖を抑える薬剤が開発されており、コントロールが可能となりました。その一方で、生活習慣病とも関連した脂肪肝に慢性肝炎を合併する脂肪肝炎(NASHとも言います)の増加を認めており、注目を集めています。

肝がん

肝がんにもいろいろな種類があります。肝細胞癌、胆管細胞癌、転移性肝癌、その他の癌などです。癌によって治療法が異なり、手術が必要になることもあります。

膵臓について

膵臓はみぞおちの奥の背中側にある薄い細長い臓器です。膵臓の働きは主にタンパク質を消化するための酵素を腸に分泌することと(外分泌機能)、インシュリンやグルカゴンといった代謝に重要なホルモンをだすこと(内分泌機能)です。

膵がん

最近、膵がんは増加の傾向にあります。膵がんは発見するのが難しく、わかったときにはすでに手遅れのことがあります。慢性的に背中が痛い、最近痩せてきた、糖尿病が急に悪くなってきた、などの症状は要注意です。

膵嚢胞性疾患

膵臓にのう胞(液性・粘液のたまり)ができる病気があり、注目されておおります。経過観察で良いものがほとんどですが、大きいものや膵管に変化があるものは癌を併発する可能性があるので、厳重な経過観察が必要になります。

胆道について

膵胆道系とは肝臓でつくられた胆汁を十二指腸まで運ぶ管で途中に胆のうがついています。

*
出典:消化器外科学会

胆道系には、結石ができていろいろな症状をひきおこすことがあります。一番多いのが胆のうに結石ができて痛みが生じる胆石症です。胆石はどのタイミングで手術するか、ということも重要です。また、胆のう以外の胆管に結石が出来ることもあり、その場合は早急に治療が必要になることが多いです。胆管のがんは黄疸で発症することが多くあります。早期の黄疸では皮膚や白目が黄色になったり、おしっこが褐色になることで気がつくことがあります。その際には画像診断も含めた精密検査をすすめます。