宇都宮 上三川 内視鏡・CTでの胃がん・大腸がん検査|インターパークビレッジ内科外科糖尿病

土日・祝日も診療:受付時間

  • 平 日: 9:00~13:00・15:30~18:30
  • 土日祝:10:00~13:00・14:30~18:30
  • 028-612-1112
宇都宮 上三川 内視鏡・CTでの胃がん・大腸がん検査|インターパークビレッジ内科外科

 

糖尿病とは?

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの働きが不十分なために、慢性的に血糖値が高くなる病気です。また、糖尿病にはいくつかの種類があり、その種類により糖尿病になる理由も異なります。

残念ながら、糖尿病と診断されたら、病気と一生お付き合いをしていかなければいけません。しかし、患者さん一人ひとりの状態に合わせて、食事療法・運動療法と、必要に応じて薬物(内服・インスリン注射)療法をおこない、血糖値を良好にコントロールすることで、普通の人と同じ生活を送ることができます。

糖尿病の治療をおこなうことで、血糖値を正常範囲まで下げることは可能です。しかし、血糖値が下がる=治療終了ではありません。治療をやめてしまえば、もとの悪い状態に戻ってしまいます。さらに、高血糖の状態であっても自覚症状はなく、患者さん自身で気づくことはありません。定期的な治療と血液検査をし、病状の確認を続けましょう。

糖尿病の種類

1型糖尿病

何らかの原因で、インスリンを作る膵臓の細胞が壊れてしまい、インスリンが作られなくなってしまうタイプの糖尿病です。1型糖尿病の場合、体外からインスリンを補給しないと命に関わるので、インスリン注射による治療が必須です。 子どもや若者に多く、突然発症し、急速に病状が悪化します。風邪のような症状が出たあとで、のどが渇いて水分摂取が多くなる、おしっこの量・回数が多くなる、急に体重が減るなどの症状があれば、受診をお勧めします。検査の結果、1型糖尿病が疑われる場合には、高度な専門的管理が必要でありますので、専門医療機関をご紹介させていただきます。

2型糖尿病

2型糖尿病の発症リスクを高める要因は2つあります。 1つは『遺伝』、もう1つは『環境』です。遺伝的に糖尿病になりやすい人が、肥満や食べ過ぎ、運動不足などをきっかけとして発症します。 また、2型糖尿病は自覚症状がなく、健康診断で指摘され、2次検診を受けて病気が発覚することもよくあります。 自覚症状がないからと放置してしまうと、症状が悪化し、合併症の危険があります。必ず治療を受けましょう。2型糖尿病では、生活習慣改善、適切な薬剤の内服、合併症を予防するための定期的な検査が重要となってきまいります。また、長く通院していただくことにもなりますので、当院では、患者様と2人3脚でよく病状を理解していただき、それぞれの患者さんに合わせて治療をご提案させていただきます。

糖尿病の検査

糖尿病の診断には、以下の血液検査の中から、必要な検査をおこないます。

検査 検査内容 検査結果
血糖検査(空腹時) 検査前日の夕食後から何も食べずに、翌朝血糖値の測定をします。 空腹時血糖値 126mg/dL以上
糖負荷試験 10時間以上絶食をした状態で血糖値の測定をし、次にブドウ糖液を飲み、その2時間後に2度目の血糖値の測定をします。 糖負荷試験 200mg/dL以上
血糖検査(随時) 食事の前後にかかわらず、血糖値の測定をします。 随時血糖値 200mg/dL以上

 

【上記①②③の検査結果のいずれかに該当し、さらに下記④の検査結果に該当する場合糖尿病と診断し治療を開始します】

 

検査 検査内容 検査結果
HbA1C 過去1~2ヶ月の血糖を反映する検査です。 HbA1C 6.5%以上

また、①~④が上記の数値以下でも、正常値を超えている場合は、糖尿病予備群に入ります。これは、今の生活を続けると糖尿病になってしまう可能性があるということです。医師と相談し、今までの食事を見直し、運動をするなどして、糖尿病予防に力を入れましょう。

糖尿病による合併症

糖尿病には3大合併症といわれる、3つの代表的な合併症があります。

糖尿病網膜症

目のかすみや視力低下がみられ、症状が進むと失明してしまうこともあります。糖尿病と診断されたら、眼科の受診もお勧めします。

糖尿病性腎症

糖尿病により腎臓の働きが悪くなり、腎不全になってしまうと、人工透析が必要になります。なお、透析導入の原因の第1位が『糖尿病性腎症』です。

糖尿病性神経障害

糖尿病による神経障害で、手足のしびれや痛みがあらわれます。さらに神経障害が進むことで感覚が鈍くなり、ケガに気づきにくくなったり、治りにくくなったりします。神経障害は、手足の感覚神経だけでなく、自律神経にも障害が起こり、下痢・便秘・排尿障害・立ちくらみなどの症状が起こることがあります。

上記の合併症は、糖尿病になったら必ずなってしまうというものではありません。きちんと治療を受け、血糖コントロールをすることで予防できます。
また、3大合併症以外にも、糖尿病によって起こる大血管症と呼ばれるものがあり、脳梗塞・心筋梗塞・閉塞性動脈硬化症などがあります。
定期的な治療と血液検査で、病状の確認を続けることが大切です。

糖尿病の治療法

食事療法

食事療法の基本は1日3食、きちんと3回食べることです。 それ以外の間食は控えましょう。
糖尿病だからといって、食べていけない食品はありません。そのため、糖尿病患者さんだけ特別な食事を用意する必要はありません。
ただし、1日に必要なエネルギー量を理解し、バランスのよい食事をとることが大切です。食事療法は、継続することで効果が上がります。食品交換表を使い、毎日の献立づくりに活かしましょう。
また、家族も同じ食事をすることで、生活習慣病の予防にも役立ちます。

運動療法

糖尿病の運動療法には、ウォーキング・ジョギング・水泳などの全身を使う有酸素運動と筋肉トレーニングがあり、どちらも糖尿病の改善に有効とされています。
食事療法と同じように、継続して運動することで効果が上がります。少なくとも週に3日以上(できれば毎日)運動をしていきましょう。
運動の内容は医師に相談し、患者さん一人ひとりに合った方法を決めていきます。患者さんが、無理なく・楽しく続けられる運動を見つけましょう。
しかし、患者さんの症状によっては運動療法ができない方もいます。運動によって高血糖・高ケトン血症になる可能性のある患者さん、重い合併症のある方、心血管障害のある方などが挙げられます。医師によく相談をしてください。
また、運動をしたからといって、食事を増やしていいわけではありません。医師の指示を守り、食事療法との両立をしてください。

薬物療法

薬物療法には「経口血糖降下薬(飲み薬)」と「インスリン注射」の2つがあります。
2型糖尿病では、食事療法と運動療法の効果、体重や血液検査の結果を踏まえ、使用するお薬を決めていきます。内服治療を開始したら、医師の指示どおりにお薬を継続してください。
また、薬物療法は、患者さんの希望で『食事療法や運動療法は大変そうだから、薬を飲んで治療したい』というものではありません。内服を始めても、食事療法と運動療法は継続していただきます。
1型糖尿病では、インスリン注射の使用が不可欠です。また、2型糖尿病の患者さんでも内服をしていても血糖コントロールが良くならない患者さんには、インスリン注射を使用する場合があります。患者さんによって、使用するインスリンの種類や、1回に使用する量、1日の使用回数や使用のタイミングは異なります。医師から指導された方法を必ず守って使用してください。

ページトップへ