宇都宮 上三川 内視鏡・CTでの胃がん・大腸がん検査|インターパークビレッジ内科外科脂質異常症

土日・祝日も診療:受付時間

  • 平 日: 9:00~13:00・15:30~18:30
  • 土日祝:10:00~13:00・14:30~18:30
  • 028-612-1112
宇都宮 上三川 内視鏡・CTでの胃がん・大腸がん検査|インターパークビレッジ内科外科

 

脂質異常症

脂質異常症

以前は血液検査で悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪の数値が高いことを、高脂血症といっていました。しかし、善玉(HDL)コレステロールの数値が低すぎても危険です。 現在では、以下の3つの症状のどれかにあてはまる病気を『脂質異常症』といいます。

  1. ①悪玉コレステロールの数値が高い
  2. ②中性脂肪の数値が高い
  3. ③善玉コレステロールの数値が低い

健康診断で、コレステロールの数値を指摘される方も多いのですが、特に自覚症状がないため、医療機関を受診せずに放っておかれてしまうことが多い病気です。 症状がないからといって放置すると、血液の中に余計な脂質が多くなることにより、動脈硬化を進行させます。そして、ある日突然『脳卒中』や『心筋梗塞』などの重大な病気を発症します。

また、高血圧や糖尿病などの病気も併発している場合、動脈硬化をさらに進行させる可能性があります。
脂質異常症の治療は、将来起こりうる『脳卒中』や『心筋梗塞』などの発作を予防することです。健康診断で『脂質異常症の疑いあり』とされた人は、早めの受診をお勧めします。医師と相談し、必要な治療を受けましょう。

悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロール

コレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあることはご存知かと思います。
実際には、LDLコレステロールとHDLコレステロールと呼ばれています。

悪玉コレステロールは、血液中でコレステロールを肝臓から体の隅々まで運ぶ役割をしています。多すぎると、動脈硬化を進める原因になります。 また、善玉コレステロールは、血液中の余計なコレステロールを回収し肝臓に戻す役割をしています。少なすぎると、回収ができず、コレステロールがたまりやすくなります。こちらも動脈硬化を進める原因になります。

脂質異常症の種類

脂質異常症は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  1. ●高LDLコレステロール血症
  2.  - 判定基準値:LDLコレステロールが140mg/dL以上
  3.  - 悪玉コレステロールが多すぎる状態です

    ●高トリグリセライド血症

  1.  - 判定基準値:中性脂肪150mg/dL以上
  2.  - 中止脂肪が多すぎる状態です
  1. ●低HDLコレステロール血症
  2.  - 判定基準値:HDLコレステロール40mg/dL以下
  3.  - 善玉コレステロールが少なすぎる状態です

これらの脂質異常症には、甲状腺機能低下症・糖尿病・腎臓病・肝臓病などの病気があって起こるもの(続発性)と、他の病気がなく起こるもの(原発性)とがあります。

脂質異常症の治療法

食事療法

食事療法

食事からのエネルギー摂取量は、年齢・性別・肥満度・運動量や、その他の病気を考慮して決定します。医師とよく相談し、決められたことを守って生活しましょう。食事療法で気をつけないといけないことは、食事は1日3食を基本として、間食をしないことです。また、1回の食事の量・内容にも気をつけましょう。

  1. ①コレステロールの摂取を控える
  2. ②動物性の脂の摂取を減らし、魚や植物性の脂の摂取を増やす
  3. ③トランス脂肪酸の過剰摂取を避ける
  4. ④食物繊維を積極的に摂取する
  5. ⑤糖質の摂取を控える
  6. ⑥お酒を控える

上記のことに気をつけながら、食事は腹八分目にしましょう。また、一般的に夜はからだを動かさず、エネルギーの消費が少なくなります。すると、食べたものが中性脂肪になりやすくなるということです。特に夕食のカロリーは控えめにし、夜食は食べないようにしましょう。

適度なアルコールには善玉コレステロールを増やす効果がありますが、お酒を飲むと気が緩み、おつまみなどを食べすぎてカロリーオーバーの原因になることがあります。注意しましょう。

運動療法

運動療法

適度な運動をすることは、脂質異常症に対してとても有効です。さまざまな生活習慣病の原因である内臓脂肪は、運動によって減らすことができます。
散歩、ウォーキング、ジョギングなど有酸素運動を中心に、毎日30分以上の運動を目標にしましょう。

今までの生活習慣を変えることは、とても難しいことです。しかし、食事療法・運動療法のどちらかではなく、両方に取り組むことで効果があります。運動の内容を医師とよく相談して、できることから少しづつ目標に近づけ、目標達成に向けてがんばりましょう。

運動療法以外にも、生活習慣の見直しは重要です。喫煙されている方は、動脈硬化を進める原因にもなるので、禁煙をお勧めします。

薬物療法

食事療法と運動療法をおこなっても、脂質異常症が改善しない場合に、内服薬での治療を開始します。食事制限や運動がしたくないからと、薬物治療をするわけではありません。
また、薬物治療を始めてからも食事療法と運動療法は続けてもらいます。薬を飲めば安心なのではなく、あくまで生活習慣の改善をして、内服を続けることで、効果があります。また、症状によってはすぐに薬物治療を開始する方もいます。

  1. ①動脈硬化症の治療をすでに受けている方
  2. ②糖尿病や高血圧症などの生活習慣病で、すでに治療を受けている方
  3. ③家族性高コレステロール血症の方

患者さんによって、治療方法や目標は違います。患者さんに一番よい治療を受けてもらうためにも、医師とよく相談し、必要な治療を受けましょう。
脂質異常症は、食事療法・運動療法・薬物療法によって、血液中のコレステロールの数値を適切な範囲にし、それを継続していくことが大切です。

ページトップへ